特色GP

2005年度「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に採択されました。

特色ある大学教育支援プログラムとは

千葉商科大学は、2005(平成17)年度「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。文部科学省が2003年度から発足させた「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」は、大学教育の改善に資する種々の取組みのうち、特色ある優れたものを選定し、選定された事例を広く社会に情報提供するとともに、財政支援を行うことにより、国公私立大学を通じ、教育改善の取組みについて、各大学および教員のインセンティブになるとともに、他大学の取組みの参考になり、高等教育の活性化が促進されることを目的とするものです。

取組みの概要

今、大学にもUSR(大学の社会的責任)の視点が大切である。USRで最も優先度の高い課題は「次世代に健全な地球を引き継ぐ、強い意志を持つ、環境マインドの高い学生を多く育て、社会に送り出すこと」である。本学の「環境教育の取組み」は、そのための教育実践の場である。本学の環境教育は「大学と学生の徹底したコラボレーション(協働)」に特徴がある。全学態勢で学生主体のISO14001認証取得を支援し、これを原点に学生による地域小中学校への環境教育指導など社会貢献を通じた体験的学習を中心とする「実学教育」を推進している。政策情報学部では「環境づくり」コースを設置、図書館では環境関連図書のコーナーを新設し充実拡大を図っている。全学生が常に環境問題を意識し学習できる環境を整備している。大学院政策情報学研究科では、環境経営、環境評価、環境デザインなど環境関連科目を設け、学部・大学院一貫で環境研究を進めている。

新入生に対する環境教育地域の小中学校への環境教育