千葉学園環境方針

基本理念

千葉学園は、地球環境保全が21世紀最大の重要課題であるとの認識に基づき、環境意識の高い人材の育成が、これからの時代に必要であると考える。

この目的を実現するため、国府台キャンパス内でのすべての活動が、環境の保全と改善に寄与するように、すべての教職員、学生及び常駐する関連会社社員が一致協力して、「エコ・キャンパス」実現をめざすとともに、地球環境の保全に係わる教育、研究を推進し、持続的に発展可能な社会に貢献する。

基本方針

千葉学園は、環境教育を「大学の社会的責任」の重要な柱として位置づけている。環境マインドの高い学生を育て、社会に送り出し、将来社会の環境負荷の低減を図ることを本学の責務と考え、以下の活動を積極的に推進する。

  1. 地球環境の保全に係わる教育、研究を意欲的に展開するため、21世紀の社会が必要とする環境意識の高い人材を育成する。
  2. 環境に係わる教育、研究の成果を踏まえ、地域社会を含むあらゆる人々に対する教育、啓発、普及活動を推進するとともに、地域・行政のプログラムに積極的に参画し、持続的に発展可能な社会に貢献する。
  3. 国府台キャンパスのすべての活動における環境に及ぼす要因を認識し、環境汚染の防止に努めるとともに環境マネジメントシステムによる継続的改善を図る。
  4. この環境方針を達成するための目的・目標を定め、省資源・省エネルギー、廃棄物削減、再資源化、グリーン購入に積極的に取り組むことにより、地球温暖化対策を推進する。
  5. 国府台キャンパスのすべての活動において、環境関連法規・規制・協定等を遵守する。
  6. この環境方針は千葉学園すべての教職員、学生及び常駐する関連会社社員に周知し、実行するとともに、広く一般にも文書及びインターネット(http://www.cuc.ac.jp/)で公開する。

2006年2月1日
学校法人 千葉学園
千葉商科大学
理事長 原田嘉中