山形新聞に掲載されました(内田彩サービス創造学部准教授)

メディア

2017年2月17日

山形新聞で、内田彩サービス創造学部准教授が代表を務める「温泉地における長期滞在モデルの構築に関する研究」グループと大蔵村の肘折温泉の関係者が、温泉地の課題や長期滞在を促進する方法について意見交換したことが紹介されました。