キャリアアップ科目

「なりたい自分になるための選択」 ~1、2年生から卒業後の人生を考える~

キャリアアップ科目とは?

キャリアアップ科目は、学生一人ひとりが入学時から将来の自分をイメージし、就職、仕事、労働に関する意識を明確にし、各自の希望に合った就職を実現する力、社会で活躍するための力を養うための科目の集まりです。
今日の社会とビジネスで求められている「自ら考え、行動し、協力し合える力」および「就業力」の向上のために、講義科目、ゼミナール教育を補完する役割も担っています。
学生一人ひとりが自己を知り、産業・企業・仕事を知り、将来に向けて、目標をもち、計画を立て、大学での学びを充実させる自分自身のキャリアアップのための科目です。

キャリアアップ科目の概要

詳細は「CUC PORTAL」にログインしてシラバスを参照してください。
CUC PORTALウィンドウアイコン

Aグループ:自分を知る・夢をもつ

「キャリアデザインI」 対象学年:1・2年

【概要】
4年間のキャンパスライフを通して、基礎能力、専門知識を習得し、学生生活や卒業後の目標設定をしっかり行い、自分の将来の夢に到達するための方法を身につけます。

「キャリアデザインII」 対象学年:2・3年

【概要】
キャリアデザインを学ぶことを通じて、企業が学生に望む基本的な資質を考え、就職活動までにすべき準備や計画を考える機会を持ち、希望するキャリア、就職を実現できる力を身につけます。

Bグループ:自分を高める

「就業力基礎」 対象学年:1・2・3年

【概要】
就職活動や社会・ビジネスで求められている基礎的な能力を知り、必要な能力を育みます。

「就業力実践A」 対象学年:2・3年

【概要】
2年生、3年生を対象に、多くの企業で実施されている就職筆記試験を知ると共に、就職筆記試験(主にSPI2の非言語分野)対策として、基礎学力を底上げします。公務員志望の学生にも履修を勧めます。

「就業力実践B」 対象学年:2・3年

【概要】
就職活動の基本的な流れを理解し、就職活動で必要なビジネスマナー、自己分析、企業訪問・OB・OG訪問の仕方、履歴書・エントリーシートの書き方や面接等の傾向と対策を実践的に学ぶことを目的としています。公務員志望の学生にも履修を勧めます。

「経理実務入門」 対象学年:1~4年

【概要】
企業や個人商店などで必要とされる経理・総務の実務の基礎を学びます。経理部門への就職、起業、税理士の資格取得などをめざす学生に履修を勧めます。

「税務実務入門」 対象学年:1~4年

【概要】
企業や個人商店などで行われている法人税・消費税・所得税の基礎、申告書の作成方法を学びます。経理部門への就職、起業、税理士の資格取得などをめざす学生に履修を勧めます。

「税理実務研究I・II」 対象学年:1~4年

【概要】
社会人の一般教養として、「所得税」を実践的に学びます。

「公務員実務研究(A)・(B)・(C)」 対象学年:2・3・4年

【概要】
公務員志望の学生を対象に、公務員試験において頻出度の高い重要範囲の一つである、民法、数的処理、行政法の科目を実践的に学ぶことを目的としています。公務員実務研究(A)では「民法」を、公務員実務研究(B)では「行政法」を、公務員実務研究(C)では「数的処理」を、それぞれ学びます。

Cグループ:ビジネスを知る・体験する

「インターンシップ」 対象学年:3年

【概要】
就業体験(インターンシップ)を通して、(1)社会や仕事の現実、実態を知り、(2)社会で必要とされる具体的な知識を深め、(3)自分の適性を判断して、社会人として自立すべき能力を知ることで、(4)大学で学ぶことの意義を再確認することを目的にしています。

「プロジェクト演習」 対象学年:2・3年

【概要】
社会における様々な事業を企画立案し、実行に移し、さらに結果について評価を行うという一連の過程を実践的に学びます。プロジェクトマネジメントの理論を学び、商店街活性化の活動を実践していきます。

「職業・業界研究」 対象学年:1・2・3年

【概要】
経営環境のグローバル化、会社の組織形態と職種、各種業界の内容など基礎的なビジネスの知識を理解し、実際に職業・業界研究の仕方を学びます。各種業界については、製造、金融、流通などの業界の実態を実践的に学びます。

「企業研究」対象学年:2・3年

【概要】
企業研究の手法を学習すると共に、実際の企業研究を通じて、企業の見方、自分に合った企業の見つけ方を学ぶことを目的としています。また、その成果を学生がプレゼンテーションすることで、発信する力も身につけます。

「ビジネス探究」対象学年:2・3・4年

【概要】
金融・流通・メーカー・旅行業などの様々な業界、企業で働くゲストスピーカー、OB・OGから、働き甲斐、仕事の醍醐味などを学び、社会人として身につけておくべき心構えなどを学びます。

履修モデル(参考)

履修モデル(参考)

▲ ページトップへ