税務プロフェッションコース

以下の履修モデルは、あくまで参考例です。
必ず、履修モデルのとおりに履修しなくてはならないということではありません。

2018年度入学者対象 履修モデル

セメスター制/修了要件40単位
履修モデル

【科目系】
(a)会計系財務会計 (b)会計系管理会計 (c)監査論系 (d)租税法系
(e)企業法系 (f)ファイナンス系 (g)経済・経営系 (h)関連科目

税理士試験免除(税法)モデル(論文あり)

(1)初学者
所得税法論文を念頭。テーマとする税法「II」を一年秋に履修するのが望ましい。
税務プロフェッションコース(論文有)初学者

(2)実務経験者
税理士試験に数科目合格レベル。法人税法論文を念頭。
税務プロフェッションコース(論文有)実務経験者

(3)実務経験者
上記(2)の実務経験者がマルチディグリー制度により再入学したケースを想定。
税務プロフェッションコース(論文有)実務経験者

▲ ページトップへ