福祉コース

未来の福祉をデザインする

福祉コース

介護従事者がやりがいを持ってサービスを提供できる環境を実現するため、福祉や医療、経営の知識を学びます。介護支援ロボットの活用による介護業務の効率化、省人力化、人の手にしか成し得ない質の高いサービスなど、未来の福祉をデザインできる人を育てます。

福祉コースで学ぶ専門科目

人間・家族・社会福祉科目

コース必修科目
  • 社会保障論
コース選択必修科目
(5科目中3科目)
  • 福祉と医療の社会学
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 保健医療サービス
  • 医療秘書概論
  • 健康・福祉とまちづくり論

授業紹介私たちが安心して生活できるように社会保障を考える!「社会保障論」

私たちは、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を有しています。しかし、その生活が傷病や失業、労働災害、退職などで不安定になってしまったら?
そのような場合にも、私たちが安心して生活できるように公的に支援する仕組み、社会保障制度があります。「社会保険」「社会福祉」「公的扶助」「保健医療・公衆衛生」からなる社会保障制度は、社会経済情勢を前提としますが、現行制度が整備された時代と現代社会では状況が大きく異なり、制度改革の取り組みが行われています。
この授業では、日本の社会保障制度の意義・目的、歴史、制度を取り巻く環境の変化を理解した上で、海外の制度と比較しながら、どのような制度が良いかを一緒に考えてみましょう。

担当教員: 准教授 勅使河原隆行

担当教員: 准教授 勅使河原隆行

▲ ページトップへ

ビジネス・経済学・商学・経営学

コース必修科目
  • 福祉サービスの組織と経営
コース選択必修科目
(3科目中1科目)
  • 福祉会計
  • 就労支援サービス
  • NPO・NGO論

授業紹介福祉サービスを徹底的に理解する!「福祉サービスの組織と経営」

福祉施設の経営を担う人材を育成する福祉コース。この授業は「福祉サービスに係る組織や団体」「福祉サービスの組織と経営に係る基礎理論」「福祉サービスの経営と管理運営」を徹底的に理解してもらうため、実務経験に基づく事例を提示しながら、将来の管理者として現実的な課題に対応していく意識を養成します。
これからの少子高齢社会では、誰もが福祉サービスを理解しておかなくてはなりません。それをきちんと学べるのがこの授業です。毎回、グループディスカッションを行い、翌週に発表する形をとっているため、福祉サービスには欠かせない「チームで働く」力も身に付けることができますよ。

担当教員: 教授 吉竹弘行

担当教員: 教授 吉竹弘行

▲ ページトップへ

関連リンク