伊藤宏一ゼミナール(現代のファイナンス・経済研究)

キラキラなお金のあり方を研究するFPゼミ! 銀行・保険・証券・不動産に関心のある学生は是非参加を

研究テーマ紹介

自分や自分の企業だけよければいいというギラギラなお金の流れに対して、自分と家族と人々と地域と自然環境保全のためのキラキラしたソーシャルなお金の流れが急速に広がっています。
脱線した銚子電鉄の車両修理のためにクラウドファンディングのサイトで500万円近い寄付を集めた高校生、要介護者と介護者のためにベッドサイド水洗トイレを商品化した企業、環境保全と社会貢献と企業の公正で透明な管理を行っている企業への投資を始めた日本の公的年金や金融機関、地域にクリーンな再生可能エネルギーを広げるために設立された市民電力会社。こうした動きを、人々はキラキラなお金で支援し始め、ソーシャルファイナンスの世界が広がっています。
本ゼミではこのような新しいキラキラな金融の世界の動向を調査分析し研究していきます。そのための基礎として、パーソナルファイナンスの基本的な知識とスキルをしっかり身につけ、FP(ファイナンシャル・プランナー)資格取得を2級=AFPレベルまで獲得していきます。

活動紹介

2017年も多彩なゼミ活動を展開しています。まずキックオフとして4月にゼミコンパを開催し、ゼミ生の懇親を深めました。5月には、日本のファイナンシャル・プランナーを養成する日本FP協会本部を訪問して、説明や質疑応答を行いました。7月には学長プロジェクトの一環として打ち水大作戦に参加し、ベン&ジェリーズに提供してもらった美味しいアイスクリーム800個を、打ち水をしてくれた学生に配布しました。
5月と8月にはFPの勉強会を行いました。8月始めには、千葉興業銀行が主催しているサマーキッズスクールで、小学生のお金の勉強のサポートをしました。そして8月末には、長野県の自然エネルギー支援の補助金政策と小水力発電事業の調査のためのゼミ合宿で長野県庁と小布施町役場を訪れました。善光寺や真田城も見学し、長野県の味覚に舌鼓を打ちました。
秋には、エシカル消費のテキストを輪読し、4年生は卒論の執筆に励みました。秋から冬にかけてゼミ発表会や卒論発表会、そして卒業式の後、卒業生を囲んでコンパを行いました。
またこうした中で、ゼミ生が次々と3級FP技能士資格に合格しました。

伊藤宏一ゼミ伊藤宏一ゼミ

学生の声

中村 多聞さん
このゼミではFPの知識を身につけていく上で、“お金のありがたみ”をより感じることができます。外部講師の講義を受け、より金融の知識や理解が深まり、自分自身の成長を実感できました。 また、勉強だけではなく、合宿など多くのイベントが多くあり、2年生から4年生まで、仲良く、楽しく学べます。

辻内 秀斗さん
私たちのゼミでは、金融とFPについて勉強します。学内のみならず、学外へ出て、企業で働く方に直接お話しを伺う機会もあり、よい経験になっています。同じ志を持って集まった仲間や先輩たちとのゼミ活動は楽しく充実しています。ゼミ活動金融関係の仕事に興味を持っている方、また就職を考えている方にはおすすめのゼミです。

▲ ページトップへ