齊藤紀子ゼミナール(ボランティアやビジネスによる社会的課題の解決)

社会を良くする方法を一緒に考えよう。

研究テーマ紹介

いま、社会には環境問題、格差・貧困問題、少子高齢化、地域コミュニティの衰退等、従来の行政/市場だけでは対応しきれない社会的課題が山積しています。そして様々な主体がボランティアやビジネスなどの活動を通して課題解決に取り組んでいます。
本ゼミでは、さまざまな社会的課題の現状を知り、それらを解決するためにどのような取り組みがあるのかを調べ、自分はどのように取り組んでいくか考え、具体的アクションを起こしていくことを大切にしています。

活動紹介

<大学の中での学び>
文献や新聞記事を読んでレジュメにまとめ報告する、ひとつの問いについてみんなで議論して答えを導き出す、といった学びを通して「読む」「書く」「考える」「議論する」ためのスキルを身に着けます。

<大学の外での学び>
社会的課題の解決をめざして活動している実際の取り組みを視察する、地域・NPO・企業・行政の方々と一緒にプロジェクトに取り組む、という体験を通して「自分なりの取り組み方」を検討し実行します。

  • ゼミ合宿=ソーシャルビジネスの現場視察
    優れた取り組みの現場を訪問して経営者や担当者の方々のお話を伺うとともに、実際の商品を購入したりサービスを体験したりしています。
  • 地域プロジェクト=真間あんどん祭り
    学生・地域の小学生・保護者・商店街有志の方々が一緒に作ったあんどんを真間山弘法寺内に並べてライトアップする地域活性化・世代間交流イベントを企画・運営しています。
  • 企業との連携
    高齢者の生活支援・見守りサービスにつき、効率的で「もっとやりたくなる」活動にするための研究を企業とともに進めています。

齊藤ゼミ齊藤ゼミ

▲ ページトップへ