和田義人ゼミナール(“共生型社会”の課題と未来像)

地域を元気にしよう!(新しい観光、家族支援、健康、地域活性化)

研究テーマ紹介

  1. (1)新しい観光
    2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて新しい観光の課題を検証しています。
  2. (2)地域対策
    地域カフェ、地元のコミュニティ食堂の運営サポート、保育(未就学児童)、学童を絡めた“家 族支援”も実践しています。
  3. (3)共生型社会
    高齢者支援、障害者支援、そして地域の生活サポート活動も行っています。

和田義人ゼミナール和田義人ゼミナール

活動紹介

    30名以上参加の大型アクティブラーニング
  • 真間あんどん祭り(7月)
  • 亀島まつり(9月)
  • ふなばし福祉フェスティバル(10月)
  • ふなばし健康まつり(11月)
    小規模アクティブラーニング
  • まま食堂(近隣「真間地区の地域コミュニティ食堂」)
  • 市川プレイパーク(近隣の子どもたちと一緒に行う「外遊びの会」)
  • オレンジカフェすわだ(近隣須和田地区の認知症カフェ)
  • 「ゆめ旅KAIGO!」学生実行委員会での活動
    https://www.facebook.com/oriparakaigo/

▲ ページトップへ