猪熊ひろかゼミナール(まちづくり研究)

みんなにやさしいまちづくり

研究テーマ紹介

まちづくりの事例をもとに、地域をよりよくしていく方法を考えます。その際、社会学の手法を用いながら、まちづくりの事例を具体的に検討し、「誰が・なぜ・どのように・何を目指して活動しているのか」を考えます。そして、人々の活動を分析し、構図を理解し、要件を明らかにしていきます。
同じような課題を抱える他の地域にとっても参考になるような分析をめざします。

活動紹介

本ゼミ単独のアクティブ・ラーニングと、他ゼミとの合同アクティブ・ラーニングを行っています。
アクティブ・ラーニングを「学び」にするために、学習→活動→学習→発信→アセスメントのサイクルを用います。

学生の声

H.Kさん
猪熊ゼミでは、バリアフリーや地域発展など身近に起こる問題に着目し一人ひとりが研究課題を見つけ、調査と発表を繰り返すことで成長していきます。実際にスカイツリーや東京タワーに行き、調査することで、視野が広がり多くの発見をすることが出来ました。活動や人との関わりが多いので、とても楽しいです。
また、猪熊先生は一人ひとりに親身に寄り添い相談にのってくれます。ゼミ生、全員が優しいので安心できる温かいゼミです。

▲ ページトップへ