増田明子ゼミナール(マーケティング研究)

マーケティングを通して、世の中を見る目を養う。

研究テーマ紹介

マーケティングは、日常生活する中でとても身近な経済活動であり、「売れる仕組みをつくる」ことです。すでにつくってしまったものを売るのではなく、売れるものをつくろうとすることです。そのためには、誰(顧客)に、何(商品・サービス)をどのように伝えて(コミュニケーション)、届けていくのか(流通)を決めていきます。
またマーケティングを行う主体は、企業だけではありません。例えば、大学、病院、地方自治体、NPOなど幅広い業種で行われています。
このマーケティングという研究テーマに基づいて、様々な業界の様々な製品・サービスを読み解いていきます。

活動紹介

このゼミでは、マーケティングの基本的な理論を学び、できるだけ実際の事例と共に理解をすること目的としています。具体的な活動としては、テキストや資料の輪読、グループディスカッション、事例の調査・分析と発表を行っていきます。
優れた(または失敗した)マーケティング事例を通して、その原因はどこから来たのか、議論を行っています。実際に事例の紹介をする際には、現場に行き、実際にその商品やサービスに触れてもらい、消費者としての視点と、企業側からの戦略を考えてもらいます。

学生の声

淺原 順也さん
このゼミでは、マーケティングについての専門的な知識を学んでいます。いろいろな事例を取り上げ、どのようなマーケティングが利用されているかなどを調べながら、学習しています。
マーケティングを学べば、生活の中でも、役に立つ知識などが得られると思います。

▲ ページトップへ