中村 秋生ゼミナール(経営学(経営組織論、経営管理論))

組織における人間問題

研究テーマ紹介

私たちが関わる企業、学校、病院、市役所、警察等あらゆる組織に共通するのは、人と人とが織りなす人間関係です。どんなに素晴らしい戦略を立て、優秀な人材を配置しても、人間関係が良好でないと組織に必要とされる協働は生まれません。そして、組織はうまくいかなくなります。
良好な人間関係とは何か。組織においてどうしてそれはしばしば阻害されるのか。どうしたら良好な関係になるのか。本ゼミでは、こうした問題について学びます。学問的に言えば、組織におけるコミュニケーション、モチベーション、リーダーシップなどが主たるテーマとなります。

活動紹介

上記のようなテーマを学ぶにあたり、ゼミでは主に文献学習、ケース学習、協働実践という3つの方法を組み合わせて実施しています。文献学習は、基本的な経営学の文献を用いて基礎理論を修得させようとするオーソドックスなものです。ケース学習は、実際の企業組織等で起きた本当の事件(ケース)を教材として、学生自身がそれらの問題の主人公となり皆との討論を通じて問題の発見・分析・解決を行おうとする実践的なものです。協働実践は、チーム研究、飲み会、合宿といった文字どおり協働の機会を提供し、それらの企画・実行を通じて協働の難しさや問題を経験してもらうものです。
私は、以上のような理論と実践による学びを通じて、学生たちが実社会において直面するであろう困難な「組織における人間問題」についての知識と技能を身に付けてもらいたいとと願っています。