安藤 和代ゼミナール(マーケティング戦略研究)

特定のブランドや店を、なぜ人は好きになるのか、なぜまた利用したくなるのかを探ります

研究テーマ紹介

日ごろ、買いたくなるブランドとそうでないブランドの差は何なのでしょうか。名前が耳に残ったからなのか、CMに魅力を感じたからなのか、友人が使っていたからなのか、手ごろな値段が魅力だったのか、いずれが好き嫌いの差を生むのでしょうか。同様に、買いたくなる店とそうでない店とでは何が違うのでしょうか。音楽、照明、色彩、陳列、いずれが影響するのでしょうか。
マーケティングの研究テーマは、日常生活の中でみなさんが消費者として感じている「なぜ」にあります。そうした疑問を、マーケティングや消費者行動の知識を使って解明します。

活動紹介

毎年、活動内容は少しずつ変わりますが、大学横断の学生研究大会に参加したり、企業からいただいた課題に取り組んだりしています。4~5人のグループで、設定された課題に対して、自分たちで研究テーマを設定し、議論を重ね、解決策を導き出します。
2015年度は大塚製薬株式会社の協力を得て、男性化粧品「ウルオス」も販売促進策を、2016年度はドンク株式会社の協力を得て、若者のパン消費の促進策を検討し、企業担当者の方々に発表しました。2017年度は「若者の○○離れ」をテーマに、缶コーヒー、ビール、カラオケ等の販売促進策をまとめ、2・3・4年合同合宿で発表し、議論を深めました。

  • 安藤和代ゼミ
  • 安藤和代ゼミ

学生の声

サービス創造学科 宮本 希海、矢野 芽位、高橋 明日香
安藤ゼミでは先生が私たちに合った課題を提示し、グループで解決策を考えることを通して、マーケティングの知識を深めています。基本的にグループワークで課題に取り組んでいるため、ゼミのみんなとは自然に仲良くなることができます。また、夏休みにはBBQをしたり、定期的に親睦会を開催したり、冬には合宿を行ったりと、勉強だけでなく充実した学生生活を送ることができます。他にも2ヶ月に1回誕生会を行うなど、とにかくイベントが大好きなゼミです。イベントが多いため、先輩とも仲良くなることができ、本当に楽しいです。私たちは安藤ゼミに入って大学生活がとても充実しています。

担当教員

安藤 和代 教授(専門:マーケティング論)