仲野 友樹ゼミナール(企業における情報システムの活用の研究)

情報システムの活用を考えるゼミ

研究テーマ紹介

現代の企業では、どのような業種であっても、情報システムの利用、活用が必須のものとなっています。情報システムは、初めて企業に導入をされてから、現在に至るまで、その役割を大きく変化させてきました。当初は業務の省力化、効率化を目的としていた情報システムが、取り扱う領域を徐々に拡大し、新たなサービスの創出にも活用されるようになってきています。
ゼミでは、コンピュータや情報システムについて、どのように利用、活用をしたら世の中が便利になるか、企業に貢献できるかを研究していきます。

活動紹介

情報関係のゼミのやることを考えると、実際にプログラムを書いたり、情報システムの開発をしたりすることを想像して身構えてしまうかも知れません。しかし、ゼミでは、コンピュータや情報システムを利用、活用する立場、ユーザの立場から考えていくので、プログラムの知識や経験はなくても、コンピュータに興味があれば大丈夫です。
コンピュータや情報システムは、商品開発やマーケティングなど、企業活動のほとんどの分野を支えています。興味のあることの仕組みについて調べたり、考えたりしながら研究を進めていきましょう。