卒業生の声[4]

就職サポートを活用して志望企業に

山口光太さん株式会社カワチ薬品勤務
2013年度卒業
山口光太さん

現在のお仕事とそのお仕事を選んだ理由を教えてください。

私は株式会社カワチ薬品に入社しました。そのきっかけは千葉商科大学内で開催された各企業の人事担当者を招いて実施される学内合同会社説明会でした。カワチ薬品はCUCアライアンス企業(千葉商科大学と連携し、学生採用に積極的な企業)の一つで、小売業に興味があった私はその説明会での話を聞いて、自分に合っている企業だと感じ、志望しました。

就職活動では大学からどのようなサポートを受けることができましたか?

就職活動が本格的に始まる前から合同会社説明会を随時開催するなど、就職を強くサポートしてくれる大学だったと感じています。カワチ薬品にエントリーを出した後、大学のキャリアカウンセラーのアドバイスをもとに、カワチ薬品がどういう人材を求めているのかといった調査や業界研究、同業者との比較等を徹底的に行いました。また、ゼミナールでご指導頂いた橋本隆子先生からも沢山のアドバイスを頂きました。その結果、無事に内定を頂き、就職活動を乗り越えることができました。

大学進学を考えている高校生に一言お願いします。

ゼミナールでの旅行や震災後に行ったボランティアツアーなど、商経学部では多くの経験をして、沢山の思い出を作ることができました。社会人になるために必要な様々なことを学べ、自分の将来の道筋を強く考えることができた4年間だったと思います。 学びという面においても、私が受講した授業はどれも丁寧で分かりやすかったため、非常に満足しています。 私は商経学部で学ぶことができて本当に良かったと考えています。皆さんも是非、有意義な学生生活を送ってください。