齊藤壽彦ゼミナール(日本の貨幣・銀行・証券)

信頼、信用関係を重視する研究会

研究テーマ紹介

金融問題は、人々の生活を左右する基本要因の一つです。金融を学ぶことによって経済全体を把握することができます。このゼミでは、貨幣・銀行・証券に関する基礎的知識を身につけることに努めます。お金なしでは私たちは生活することができません。お金を預かったり貸したりする銀行なしでは経済はなりたちません。株式や債券という証券の役割が今日大きくなっています。貨幣・銀行・証券について学ぶことが大切です。お金を支払うという約束を果たすことが信用を維持するうえで大切だということがこの研究会でわかるようになります。特に日本の金融問題をこの研究会で取り上げます。

活動紹介

学生の皆さんが金融に関する問題の中から自らテーマを1つ選んで、それに関係する本や雑誌論文を読んで、わかったことを論文にまとめるようにします。このようにして、自分で問題を発見し、自分で問題を解決する能力が身につくようにします。また研究成果をみんなの前で報告し、討論に参加し、これによってコミュニケーション能力が育つようにします。
このゼミは石井記念証券研究振興財団からの助成金を得て研究を行ってきました。今後もこの助成を申請し、この助成金を研究資金として、ゼミの皆さんの研究に役立ててもらいます。
本研究会は人間的信頼関係をつくることを重視しています。このためにボーリング大会や懇親会などを開催して親睦を図っています。