杉浦 一雄ゼミナール(日本人の感性—文化・文学・民俗の研究)

クールジャパン!

研究テーマ紹介

このゼミに集まった人たちは、世界遺産和食の世界を極めたいと思っている人や、富士山と日本人との関係を解明しようとしている人や、日本の伝統的なマナーについて学んでいる人や、日本神話に日本人の原風景を見ている人や、アニメに日本文化の究極を体感している人や、日本の妖怪を外国のホラーと比較している人や、ビジュアル系やバンギャルの生態に日本的要素を見ている人などさまざまです。それぞれテーマは違っていても、みんな日本が大好き。 ますます世界から注目をあびる日本。でも、私たちは日本人なのに、日本について何も知りません。だから、私たちは、今こそ、日本について知ろうとするのです。本当の意味で世界を知るために。

活動紹介

毎年のように、ゼミ旅行を企画し、京都・奈良など日本の伝統文化に触れる旅に出かけています。
あとで感想をたずねると、有名な観光地はもちろんのことですが、人のあまり訪れない、とっておきの場所とかが強く印象に残っているとみんな言います。
これは、ゼミで学ぶうちに、学生たちの感覚がみがかれ、日本人のこまやかな感性を確実にキャッチできるようになった証拠なのです。
たまたま日本に生まれた普通の人たちが、このゼミで学ぶことによって、日本人の感性を身につけ、ひとりの立派な日本人に育ってゆくのです。