上山俊幸ゼミナール(経営と情報に関する研究)

社会は情報で動いている

研究テーマ紹介

卒業論文研究テーマとしては、経営情報、情報システム、管理会計、経営戦略などの領域あるいはそれらの周辺領域のものを勧めています。ただ、メンバが自分で興味のあるテーマを掲げて研究することがモチベーションの点からは良いと思いますので、上記のテーマを大きく離れなければ、これら以外でも構いません。
実際には、研究テーマを決めるまでの過程で、さまざまな資料を見てもらったり、議論をしたり、あるいは各人が資料を集めて分析・検討することによって、テーマの材料を探していくことができます。

活動紹介

研究をする上で基礎となるデータの処理について理解するために、はじめにMicrosoft Officeを使って演習を行いながら、いろいろな情報に関連することがらを理解してもらいます。
就職活動の支援は、本学のキャリア支援センターが担当し丁寧な指導を行っていますが、ゼミの中でSPI対策も含めた指導を行っています。
ゼミ旅行などのイベントは、メンバの意見を聞いて実施します。

学生の声

商学科 M
Word及びExcelの演習問題は、ゼミや今後の学習において必要な知識を再度確認することができました。グループワークでは、グループ内でコミュニケーションを取りながら、任意のテーマに基づくパワーポイントの作成・プレゼンテーションなど、これから就職活動等で必要となっていくスキルを身につけていくことができました。

経済学科 T
Microsoft Officeを用いた表・文章等の作成や、グループ研究・発表といった、実践的な内容が多いのがこのゼミのよいところです。グループ研究や発表課題の前に、グループで練習をしたり、個々で発表の目標を設定して進めています。