久保誠ゼミナール(コンピュータの基礎とプログラミング)

自分で考え、自分でデザインして、自分で作ってみよう

研究テーマ紹介

久保ゼミ研究テーマ紹介コンピュータを使って何かを作ってみよう。その何かが、ちょっとしたことに役に立つ道具かもしれない。趣味を生かしたホームページかもしれない。自分も他人も楽しみたいゲームかもしれない。特に限定せず自分の作りたいものをつくるためには、色々なことを知らなければならない。コンピュータの仕組みも知らないといけないし、プログラムという形でつくるためには、プログラミング言語をしらなければならない。プログラムを作る前に、きちんとデザインをしなければならないし、その方法も知る必要がある。知るための学習に2年程度をかけて、最後に自分で作ることがゼミの最終目標になっています。

活動紹介

テーマ紹介の項に書かれているように、作るまでの道のりが非常に長いために、地道に学習することが必要で、外部に出ていく形はほとんどありません。じっくり腰を据えるタイプの人がおすすめです。
作ったものが外部に発表するに値するものであれば、外部の学会などで発表する機会もあたえることがあります。

久保ゼミ研究テーマ紹介久保ゼミ研究テーマ紹介

学生の声

経済学科 勝木 承太郎
私は、瑞穂会で日商簿記の資格取得のための勉強をしながら、久保ゼミでプログラミングを学んでいます。簿記の勉強をしたいと思い入った大学でしたが、情報科目にも力を入れているということで、ゼミではプログラミングを選び勉強しています。最初は、プログラミングについてまったくわかりませんでしたが、講義を受けていくうちに少しずつわかるようになっていきました。基礎から教えてくれるので、あまり情報科目が得意ではない方にも安心です。

経済学科 守安 洸太
もともとプログラミングに興味がありこのゼミに入りました。私自身そうでしたが、興味があるだけの初心者であってもまずは知識を蓄えることから始まりますので問題なく授業についていけると思います。Java言語はアプリを作ることにも使われていますのでそういったことに興味がある方も是非来てください。