橋本隆子ゼミナール(ソーシャルコンピューティングに関する研究)

ソーシャルメディアから社会に役立つ情報を!

研究テーマ紹介

ソーシャルコンピューティングとは、コンピューターとネットワークを用いて人々が容易にコミュニケーションを取り合い、情報を共有できる技術のことです。近年、BlogやSNS、口コミサイト、YouTubeといったさまざまなサービスが数多く実現されており、人々の購買行動や意思決定に大きな影響を与えています。
本ゼミでは、Webサイト構築を始めとする情報技術の基本を学びつつ、ソーシャルコンピューティングサービスの特徴や技術を理解し、マーケティングやユーザ・アクティビティ等の調査を行うことで、ソーシャルコンピューティングの課題やその影響などについて研究します。プレゼンテーション能力、コミュニケーション力の養成にも注力しています。

活動紹介

大日本印刷・集英社、市川シルバー人材センター、消費者安全ネットいちかわといった企業、法人と連携し、Webを利用したグローバルなマーケティングリサーチ、Webサイト構築、消費トラブル予防サービスの評価と改善提案などを行っています。これらの活動は商経学部にて表彰され、地域社会でも高く評価されています。学会、イベント等でのプレゼンテーションも積極的に実施し、これまでパーソナルコンピュータ利用技術学会の新人奨励賞や優秀研究発表賞などを受賞しています。 ゼミ合宿や瑞穂祭への出店などを皆で協力して行い、「人のために働く、人の役に立とうとする」経験も積んでいます。

橋本隆子ゼミナール活動紹介橋本隆子ゼミナール活動紹介

学生の声

商学科 萩谷 蓮
橋本ゼミの一番の魅力は企業との連携です。パソコンを使い、アンケート調査やWebサイト構築などを行い、企業と一緒に研究活動を推進しています。授業以外でも、ゼミ合宿、瑞穂祭への参加など積極的に取り組んでいます。先生とゼミ生の距離が近く、皆とても仲がいいので、ゼミはいつも和気あいあいとしています。

商学科 福富 篤久
橋本ゼミではパソコンを活用してWeb制作やアンケート調査などを行い、企業と一緒に活動をしています。外部の企業から直接依頼が来るほどで、企業との交流がとても活発です。社会に出た時に必要となるプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を高める勉強もしています。橋本先生はゼミ生と目線が同じで、ゼミ生一人ひとりに親身になって対応してくれる優しい先生です。

関連リンク

橋本隆子研究室アイコン

上記Webサイトは、教員によって管理されています。
内容に関するお問い合わせは、それぞれのリンク先ページに示された連絡先へお願い致します。