江波戸順史ゼミナール(地方自治・地方財政の研究)

「公務員が知っているべき地方の現状及び問題を学ぼう!

研究テーマ紹介

地方においては、住民が主役で、公務員は、脇役として、住民をサポートする形で、地方が抱える問題に取り組むべきです。本研究では、そのために公務員が知っているべき地方自治と地方財政について学びます。地方自治とは、地方のことは地方が行うということであり、地方財政とは、地方政府(都道府県、市町村)による経済活動です。
地方自治については、どのように住民は地方に関わるべきか、また公務員はどのように住民をサポートすべきかという問題意識を持って取り組みます。地方財政については、なぜ都道府県や市町村が必要なのか、地方は黒字なのか赤字なのかなどを課題として検討します。

活動紹介

江波戸順史ゼミナール
  • 通常のゼミ活動
    毎回担当者を決め、そのゼミ生が主導してゼミを運営します。基本的な形は指導しますが、大きな間違いがない限りやり方は自由です。また、ディベートも行います。例えば、道州制について賛成か反対かをそれぞれグループ分けして討論します。通常のゼミ活動では、報告能力やディベート力の向上を目的としています。
  • フィールドワーク
    毎年夏季にフィールドワークを実施します。ゼミ生が興味を持った都道府県や市町村に泊りがけで調査に行きます。フィールドワークによって、卒業論文のテーマにつながる発見もできますし、現場の空気を感じることでゼミ生のやる気や考え方が変わります。これまでに、京都、大阪、金沢、横浜などを訪問しました。

学生の声

経済学科 中里 洋登
このゼミには、公務員をめざしている人達が集まっています。私はその中でも特殊公務員の枠に入る自衛隊をめざしています。ゼミのみんなは、勉強する時はとことん勉強して、遊ぶ時はとことん遊びます。「しっかり勉強もしたいけど…やっぱり遊びたい」という学生向きのゼミです。

経済学科 長縄 圭祐
江波戸ゼミは、公務員になりたいという強い思いを持つ学生が多いゼミです。私は、中学生の頃から、何か人のためになるような仕事をしたいとずっと思っていました。東日本大震災の時、救命救助のために一生懸命働く消防士の姿をテレビで見て、将来は消防士になろうと決めました。

商学科 相良 由里恵
私は、地域に携わる仕事に就きたいと考え、市役所の職員をめざすようになりました。江波戸先生のゼミは公務員志望の人たちが集まるゼミなので、夢に近づけると思い、このゼミを選びました。