布施雄治ゼミナール(企業と「つくる」プロジェクト)

たくさん読んで、じっくり深く考え、互いに刺激しつつ自身の力で成長を目指すゼミ

研究テーマ紹介

様々な製品やサービスを提供する企業が、私たちの周りにはたくさん存在し、私たちの生活を支えています。皆さんの多くは、将来企業で働くでしょう。こうした企業は、私たちにとって欠かすことができない存在です。でも、実際の企業は複雑な存在で、その具体的な活動、企業間の競争や協調の展開、企業はどのような論理に基づいて活動しているのか、どうやれば人を動かせるのかなど、企業を理解するのは難しいものです。こうしたことが少しでも分かるようになるために、ゼミでは経営学、経営戦略論などの基礎知識や理論を学びます。学んだ知識や理論を活用し、特定の企業や業界を例にとり、実際の企業活動を研究していきます。

活動紹介

2年生のゼミでは、ゼミ生がテキストの担当箇所を持ち回りで報告します。報告者には議論点も提示してもらい、みんなで議論を行います。経営学・経営戦略論の基礎を学び、「なぜ?」と思える姿勢を身につけ、他の人の考えを聞きつつ自分の考えを述べられるように訓練します。3年生のゼミでは、関心のある業界の分析や企業のケーススタディなどをプレゼン形式で行います。関心事を自身の力で調べ、得た情報をうまく整理し、限られた時間で順序立て論理的に報告できるように訓練します。4年生のゼミでは、各自が卒業論文の内容を報告し、他のゼミ生や教員のアドバイスを聞きながら、加筆と修正を繰り返し、誇れる卒業論文の執筆に取り組みます。