大賀紀代子ゼミナール(日常の中の経済史)

音楽・映画・ファッションなど、身近なものの歴史から、経済の歴史を一緒に学びましょう!

研究テーマ紹介

皆さん、毎日、さまざまなモノ・コトにかこまれて生活していると思います。日常身近に存在しているすべてのモノ・コトには、それぞれに誕生した経緯や広く普及した過程が存在しています。
本ゼミでは、皆さんが日常生活のなかで接するさまざまなモノ・コトに対し、それらがどのような経済的な背景で作り出されたのか? そして、それらがどのようにして広く世に広まったいったのか? を、さまざまな資料の分析を通じて、一緒に紐解いていきます。そして、最終的には、現代の経済のしくみがつくられていった歴史を理解していきます。

活動紹介

本ゼミでは、ゼミ生さんの自主性をとても大切にしています。ゼミでは各自、調べたり、学んだりしたことを、楽しく個性豊かに発表してもらっています。まず、自分の興味・関心のある国・地域などを選び、そこにおける産業・分野などに注目し、分析したいと思う対象を決めていきます。そして、その対象について、経済史という学問の視点からどのようなアプローチが可能であるかを探求・追及し、公的な資料などを使った考察をおこなっていきます。そして、分かったことを各自発表してもらいます。