よくある質問(Q&A)

Q1. 中小企業診断士コースの商学研究科を希望する場合、受講審査料は無料ですか? 支払う場合はどのタイミングで支払えばいいでしょうか?

A1. 受講審査料は研究科入学試験検定料に含むこととしますので、無料です。

Q2. 志願者評価調書は、中小企業診断士コースは不要ですか?

A2. 志願者評価調書は、提出可能な方のみ提出となっておりますので、提出がむずかしい場合は、無くても問題ありません。

Q3. 提出書類の入学願書の「試験科目」欄は、中小企業診断士コース(例えば、商学研究科希望)の場合は、未記入でいいですか?

A3. 中小企業診断士養成コースを希望されているということは、中小企業診断士第1次試験に合格されていることが前提ですので、筆答試験が免除になるため試験科目欄は未記入で結構です。

Q4. 中小企業診断士コースの提出書類に、キャリアシートがないが不要なのでしょうか?

A4. キャリアシートは、政策情報学研究科の入学試験を受験する場合に必要となります。商学研究科並びに経済学研究科希望の場合は必要ありません。なお、職歴、資格等について入学願書の記入欄が不足する場合は、別紙に記入し、ご提出いただくことも可能です。

Q5. 中小企業診断士養成コースは、厚生労働省の「教育訓練給付金」の受給対象ですか?

A5. 中小企業診断士養成コースは、大学院商学、経済学、政策情報学の3研究科修士課程の共通科目として設置しています。千葉商科大学では、3研究科ともに教育訓練給付制度の指定講座となっています。

教育訓練給付の支給申請手続について別ウィンドウで開きます
厚生労働大臣指定教育訓練講座・検索別ウィンドウで開きます

Q6. 中小企業診断士養成コース在籍中に休学することは可能ですか?

A6. 本養成コース在籍中の休学は省令によりできません(コース離脱となります)。

Q7. 短大や高専、専門学校卒業者でも受験できますか?

A7. 大卒、大学院卒以外の学歴の方には事前に個別入学資格審査を行っています。詳細は事務局までお問合せください。